PHOTOGRAPHER

MAYUKO

UKAWA

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

               『 Rhapsody in Blue 』

 

 

空港からタクシーでマンハッタンに向う道。

遠くに見えていたビル群が近づいてくる。次第に私のテンションも上がる。 

橋を渡る時が一番好きだ。夕暮れならなおさらいい。

旅行者であるにもかかわらず、ずっと前からここで暮らしているような錯覚に陥る。 

懐かしいというのとはちょっと違う。

NYは何というか、自分の居場所がすでにあるような気にさせてくれる、そんな街なのだ。 

地下鉄に乗ればどこの国だかわからないくらい様々な人種がいて、様々な言語が飛び交っていて。 

お洒落をして街を歩けば知らない人が通りすがりに褒めてくれる。 

良いことも悪いこともストレートに伝わってくる、そんな刺激がたまらない。

 

季節によってまるで違う場所のように見える街の表情も好きだ。

夏のNYには色彩があふれ、陽気な人々が行き交い賑わっている。

かと思えば冬の、シンと静まり返った街には人もまばらだ。

晴れているかと思うと雪になり、またすぐ晴れる

....そんな風にころころ変わる天候に翻弄される様子も興味深い。

高層ビルの合間から少しの間だけ差す光がとても美しかった。

   

大都会であるはずのこの街は、決してドライなだけでもクールなだけでもない。

うまく表現できないけれど、不思議なコントラストがあると思う。

街は人でできていると思っていたけど、まるで街そのものが生きているようだ。