NEW YORK 2015 WINTER CITY

12/25/2015

 

 

横木安良夫さんのプロジェクトCRPから電子書籍の写真集をリリースいたしました。
私はNEW YORKの冬と夏をそれぞれ1冊ずつ。
季節によって違う表情を見られるところも、この街の魅力だと思います。
こちらは第一弾 『NEW YORK 2015 WINTER CITY』

ご覧になるにはお手持ちのiPhoneやiPad、PC よりkindleの無料アプリをダウンロードして下さいませ。
写真集は下記のリンクよりAmazonで購入して頂けます。
よろしくお願いします☆

http://www.amazon.co.jp/dp/B019RSAS70/ref=cm_sw_r_fa_awdl_1ClFwb1HCWAW2

 

 

 

 

 

NEW YORK 2015 WINTER CITY 

New York was my first trip abroad when I was teenager. 
Impressionable age experiences remain in my memory as great impact. 
I think that NY is a dream city of mine forever. 
After a while, I became the age called adult and visited the city again and I wonder how the city meets my eyes. 
First of all, I was surprised that winter in NY is cold. So cold. It is kind of painful to breathe. 
There are almost nobody a bit away from a busy street. 
I expected the city come and go with hilarious people like last time I visited in summer but it looked totally different place. 
The weather is unsettled that blue sky changes to snow then sun shows again... 
It is interesting to see that weather makes a change of the city. 
It was so beautiful to see the light between high buildings for a short time. 
This big city is not only dry and cool. 
I cannot express well but it has wonderful contrast...I released a shutter while thinking. 


10代のころ、初めての海外旅行がNYだった。 
多感な年頃に経験したことは強烈なインパクトとして残っている。 
だから永遠に憧れの街なんだと思う。 
それからしばらくして、大人と言われる年齢になった自分の目にはどんな風に写るんだろう。そう思いながら足を踏み入れた。 
まずびっくりしたのが、冬のNYは寒い。すごく寒い。息をするのが痛いくらい。 
繁華街から少し外れたところには人がほとんど歩いてなかった。 
そういえば前回来た時は夏だったな。 
陽気な人々がたくさん行き交う賑やかな街.....という印象だったのにまるで違う場所に思える。 
晴れているかと思うと雪になり、またすぐ晴れる....そんな風にころころ変わる天候に翻弄される街の様子も興味深い。 
高層ビルの合間から少しの間だけ差す光が、とても美しかった。 
大都会であるはずのこの街は、決してドライなだけでもクールなだけでもない。 
うまく表現できないけれど、不思議なコントラストがあると思う.....としか言いようがない。 
そんな風に感じながらシャッターを切っていた。 


 

Please reload

tag

Please reload

archive

Please reload

    PHOTOGRAPHER

     

    MAYUKO UKAWA

    • Facebook アプリのアイコン
    • Instagram Social Icon