NEW YORK 2015 SUMMER CITY


第二弾『 NEW YORK 2015 SUMMER CITY 』 夏のNEW YORKです。よろしくお願いします☆

http://www.amazon.co.jp/dp/B019SD7EBW/ref=cm_sw_r_fa_awdl_oMlFwb0DQ7XQQ

graphic design / Tomoyuki Gunji Transration / Tamami Yamamoto

NEW YORK 2015 SUMMER CITY On the way from JFK airport to Manhattan by cab, buildings that look far away are getting closer as well as my feelings are getting excited. When crossing the bridge is the most favorite moment. At dusk is especially good. Despite the tourist, I feel like that I live here for long time but It is little different that I feel nostalgic. Maybe I could say that I belong her, I have a place of my own. NY makes me feel that way. Once I take a subway , there are various people from all over the world and many languages are flying. We get compliment when we dress up and walk on the street. It is daily happenings that people ask me the road even I look totally foreigner. Good things and bad things come to me very straight, and I love it. A taxi driver Edward who look like a person appears the movie「Night on Earth」said that. " I've been here for 20 years and never get bored. I still in Love with this city." I trust that the city consists of such people. JFK空港からタクシーでマンハッタンに向う道、遠くに見えていたビル群が次第に近づいてくる。同時に私のテンションも上がる。 橋を渡る時が一番好きだ。夕暮れならなおさらいい。 旅行者であるにもかかわらず、ずっと前からここで暮らしているような錯覚に陥る。 懐かしいというのとはちょっと違う。何というか、自分の居場所がすでにあるような気にさせてくれる、そんな街なのだ。 地下鉄に乗ればどこの国だかわからないくらい様々な人種がいて、様々な言語が飛び交っていて。 お洒落をして街を歩けば知らない人が通りすがりに褒めてくれて。 どこからどう見ても外国人の私が、当たり前のように道を尋ねられることも日常の出来事だ。 良いことも悪いことも、ストレートに伝わってくるところが好き。 映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』NY編に登場するタクシードライバーそっくりのタクシードライバー、エドワードさんも言っていた。 『僕は20年間住んでいるけど全然飽きない。今でもこの街が大好きだよ。』 やっぱり街は人でできているんだなって思う。

tag

archive

    PHOTOGRAPHER

     

    MAYUKO UKAWA

    • Facebook アプリのアイコン
    • Instagram Social Icon